Menu

【略歴】

かつては蚕種製造業、現在は染め、整経、織りの全工程を行う上田紬の織元に生まれる。
大学で中国語を学び、北京外国語大学へ1年間留学。卒業後、劇団前進座付属養成所へ入所。演劇に関する様々なことを学ぶ。翌年、劇団前進座へ入座。東京国立劇場をはじめとする都市公演のほか、地方巡演の公演活動。2004年退座。 アイルランドへ短期留学し、ヨーロッパを旅する中で日本文化の素晴らしさを改めて感じ、実家の上田紬の道へ入る決意をする。
2016年、信州紬総合部門伝統工芸士に認定される。

【賞歴】

全国伝統的工芸品展、日本民藝館展、シルク博物館展など入選多数。

【プロフィール】

■この仕事に入ったきっかけは?

アイルランドに留学中、ヨーロッパを旅する中で日本文化の素晴らしさを肌で感じたこと。

■あなたの作品で一番アピールしたいことは?

楽しい色づかいと、裏地を3回取り換えるほど丈夫で”三裏縞”とも言われる生地。

■作品作りで心がけていることはありますか?

”見て楽しく、まとって楽しい”作品づくり。
謙虚な気持ちで、つくることを楽しむこと。

■これからあなたが目指すものは何ですか。あるいはどう生きたいですか?

ものと人に寄り添える作品づくり。
伝統的工芸品に携わる作り手として、女性の立場として、土地に生きる一人の人間として、後人にのこせる自分の役割を行動にうつしていきたい。

【ホームページのアドレス】

http://karinatsumugi.com/

【SNSアドレス】

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008538666834