Menu

女性伝統工芸士展 〜作家とともに〜

古賀 陽子のつくり手の部屋に戻る

すでに販売済みの作品もありますので予めご了承ください。ご質問等はお問い合わせフォームよりお願いいたします。

古賀 陽子
博多織 (福岡県)
古賀 陽子のつくり手の部屋を見る

材料
絹糸100%

解説
デザインから手掛けて、帯になるまで数か月。
タテ糸だけで柄を表現する
博多織独特の伝統技法で織りあげた創作帯です。

帯の柄は、庭に咲く初夏の花カラー。
カラーの和名は、海芋(カイウ)。
海から渡ってきたイモ科の植物という意味。
別名「ナイルの百合」

この帯は、花の名前「ナイルの百合」をイメージして作りました。

シンプルで、凛とした姿が美しいカラーは
大好きな花の一つで、いつか帯にしたいと思っていた花です。

真夏を避けて年中締められる帯ですが
カラーは、初夏の花なので、春の終わり~7月ごろまでがぴったりな帯。
日常はもちろん、お買い物から観劇、ホームパーティまで
幅広く締められるおしゃれ帯。

220,000円(税込)

購入予約をする